日本アジアグループ株式会社は東京丸の内に本社をおく企業。1998年山下哲生氏と呉文繍氏によりJapan Asia Holdings Limited(本社:香港)を創立。2001年宏徳不動産株式会社を買収し、日本アジアホールディングズ株式会社に社名変更。現在は空間情報技術を活用し国土保全、防災・災害復興、行政支援など社会インフラの整備・構築や民間事業を効率化する空間情報コンサルティング事業のほか、再生可能エネルギー発電施設開発、国内外でのフィナンシャルサービス事業を展開。

日本アジアグループの業績推移

2011/4期の売上高は577億2700万円でしたが、2019/3期には1020億2500万円にまで増加。
経常利益率は2011/4期の-3.6%から、2019/3期には-0.2%にまで上昇しています。

>> もっと見る