ABCマートの地域・品目別の売上内訳

2017年04月16日 17:03

ABCマートは国内有数のシューズ小売企業であるが、2016年2月期の売上高は2381億円、経常利益422億円と高い収益性を誇り、なおかつ成長を続けている。


事業セグメントの区分は国内・海外のみであり、連結4699名の従業員のうち、3330名が国内事業、1369名が海外事業に従事している。


国内外の売上比率は次のようになっている。

国内での売上高が1601億円で75%ほど、海外が543億円で25%ほどを占める。


有価証券報告書からジャンル別の販売実績も得られた。

2381億円の売上のうち、スポーツシューズがおよそ53%に当たる1279億円を占める。レザーカジュアルは437億円(18%)、レディースは211億円(9%)、キッズは135億円(6%)、ビジネスは114億円(5%)、サンダルは655億円(3%)。

このうち、スポーツは前期比18.6%、キッズは13.3%の成長。レディースは8.4%の減少となっている。


シェア/お気に入り
資料をダウンロード