サマンサタバサの業績

サマンサタバサジャパンリミテッドはバッグやジュエリーの企画・製造・販売を行っており、テレビCMでも海外セレブを起用し話題となっている。小物・ジュエリー、ゴルフウェア・特にバッグのブランドである。若い女性向けの商品を主に展開しており海外展開にも積極的。


2017年2月期 決算説明会では売上が前年の434億円からより減少し354億円(前期比△18.3% )となっている。売上が減少した理由は主に4つで下記の通り。


①在庫水準の適正化を目的に仕入を抑制したことによる機会損失の発生 

②生産物流に納期出荷遅延が生じ、機会損失の発生(現在改革実施中) 

③アパレル事業の再構築及びブランド整理に伴う店舗数の減少 

④インバウンド需要の減少などの影響

(出所:2017年2月期 決算説明資料)


事業別の売上構成比を見てみると、バッグは約234億円で66.2%、ジュエリー約22億円で6.3%、アパレル65億円で約18.6%、その他31億円で8.8%となっている。

(出所:2017年2月期 決算説明資料)


2016年11月にファッションの原宿表参道「サマンサタバサ 表参道GATES ポップアップ デジタルストア」 や免税店、ディズニーリゾートなどにも戦略的に出展している。2010年に181店舗だった自社ブランドの店舗は2017年2月では300店舗まで増やしている。海外にも香港6店舗、中国5店舗、韓国20店舗、シンガポール3店舗、ハワイ1店舗合計で海外に35店舗出展している。

(出所:2017年2月期 決算説明資料)

シェア/お気に入り
資料をダウンロード