米国3大ネットワークのCBS社

2016年12月16日 23:37

アメリカの放送3第ネットワークといえば、NBC、ABC、そしてCBSがあります。今回は米国NYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場しているCBSの業績を簡単に見行きましょう。3文字の英語の企業はとてもややこしいので、特に意識していないとどれがどの会社か直ぐに混乱してしまので、注意が必要です。

まず売上です。2015年では約1兆3880億円の規模であり、とでも大きな企業というのが分かるでしょう。

                                                                                                         出展:MorningStart


次にCBS社のセグメント別売上を見てみましょう。CBSは主にエンタメ、ケーブル、出版、ローカルブロードバンドの4つの事業からなっていて、エンターテイメント事業は売上の大半を占めています。

                                                                                             出所:CBS Annual report

次にセグメントの内容を見てみましょう。


エンターティメント事業:
CBS TV Network, CBS TVスタジオ, CBSグローバル配給, CBSインターラクティブとCBSフィルムなどがあります。この事業はいわるるテレビや映画、ライセンス、広告、米各州の加盟局へのコンテンツの配給、サブスクリプションといったビジネスを行っています。2015年では売上全体の約60%も占めており、同社にとってとても重要な事業となっています。


ケーブルネットワーク事業:
ケーブルネットワーク事業は売上全体の16%をしてめており、ShowtimeネットワークやCBS Sports Networkなどの事業があります。またHBO, ABC, FOXなど視聴率や広告収入で競合する事業となっています。


出版事業:
出版事業にはかの名門な出版社のSimon & Schuster,があり、スティーブジョブスが亡くなった時に出版された、伝記「SteveJobs」も同社から出版さています。ちなみに米メディアコングロマリットのNews CoporationはSimon&Schusterの競合である出版社のハーパーコリンズを傘下に収めるいます。しかしこの事業はこの事業は売上全体の6%程度しかありません。

ローカルブロードキャスティング事業:
こちらは地方局へのデジタルコンテンツなどの配給などがあります。

次に売上の構成である広告、コンテンツのライセンス収入、放送局へのサブスクリプションを見てみます。売上の半分を広告収入から得ており、テレビ事業、オンライン事業、など高い視聴率を見込めるコンテンツが同社のキモといえるでしょう。

                                                                                               出所:CBS Annual report


シェア/お気に入り
資料をダウンロード