マネフォの上場観測が出たので国内外の会計ソフトの会社を比較(利益率が高い!)

マネーフォワードの上場観測が日本経済新聞社から出ていました。

マネーフォワードは、日本でも数少ない100億円以上の時価総額がついたスタートアップであり(最終ラウンドは200億円弱)、お堅い地銀からも調達しているFinTech企業でした。


ここでまず、マネーフォワードの調達状況を見て見ます。

調達時期 2012年12月 2014年4月 2014年9月 2014年12月 2015年8月 2015年10月 2016年10月
調達額 1億 5億 0.5億 15億 10億 6億 11億(Debt含む)
投資家 早稲田情報技術研究所 ジャフコ TBSイノベーション・パートナーズ ジャフコ SBIHD 三井物産 みずほキャピタル
三菱UFJキャピタル クレディセゾン ジャフコ Fenox 三越伊勢丹HD
ソースネクスト 静岡銀行 山口FG Fenox
三井住友海上キャピタル 東邦銀行 東邦銀行
電通デジタルHD 三菱UFJ信託銀行 北洋銀行
GMOベンチャーパートナーズ 群馬銀行
福井銀行
滋賀銀行


次にマネーフォワードの官報を見て見ます。


前期は売上15.42億円で営業損失8.77億円の赤字にとなっています。

「また赤字上場かよ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、前期についてはCMを打っており赤字になるのは当然です。

では、CMを打たなかったらどのくらいの利益が出ていたのか?というのが気になるところです。


そこで今回は、国内外の会計ソフトの会社の決算を見て見ましょう。


まず、国内で会計ソフトを上場している企業の決算を見て見ます。

売上推移です。



続いて売上総利益率と営業利益率です。

平均の売上総利益率は67%、平均の営業利益率は21%と驚異の利益率を誇っています。

マネーフォワードの売上総利益率は52%となっており、平均より売上原価がかかってしまっています。





次に、国外で会計ソフトを上場している企業の決算を見て見ます。

売上推移です。(単位はドル)

次に、営業利益率です。


国内における会計ソフトの売上は低迷しているものの、平均の売上総利益率は67%、平均の営業利益率は21%と驚異の利益率を誇っています。


マネーフォワードの場合、個人向けサービスで月額500円の課金サービスもありこちらも調子が良いらしく、個人向けと企業向けの売上の比率も気になるところです。

また、「MF KESSAI」というファクタリング事業を始めています。ファクタリング事業は、BS的には厳しい事業なわけですが、今回の調達を期にどのように展開していくのか。(2016年10月の11億円を調達したラウンドでは2.8億円を負債で調達しています。)


一方、同時期からクラウド会計を展開していたfreeeは、会計を深く掘っているマネーフォワードと異なりERPの方に展開しています。最終ラウンドは時価総額350億円以上でしたが、こちらはいつ上場するのか。

楽しみですね。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード