"Enlightened Hospitality"を掲げるShake Shackの業績

2016年12月23日 21:16

Shake Shackは2014年9月にデラウェア登記したハンバーガーチェーン。2015年2月に株式公開を行なった。

まずは業績推移を見る。

売上高は1.8億ドルと、まだそれほど大きくはない。アメリカでも上場したての企業はこんなもんなのか?2015年12月31日時点で84のShack(彼らは店舗のことをこう呼んでいるようだ)があったということだから、1店舗あたりの売上高は218万ドル、日本円だと2億円を超える程度。

スターバックスの1店舗平均売上が80万ドル、マクドナルドが70万ドル程度だったから、ファーストフードチェーンとしては収益性が高いと言えそうだ。


面白いことに、彼らは年次報告書(Form 10-K)の中で「THE SHACK PACT」なる経営上の信条のようなものを記載している。これを少しピックアップして、どんな会社かを理解する助けとしたい。

WHAT WE DO:

We Stand For Something Good

WHO WE ARE:

We Are Boundless Hospitality(境界なきホスピタリティー)

・We follow the 5 Tenets of Enlightened Hospitality(5つの悟りを開いたホスピタリティの信条に従います)

・We smile a lot, listen closely and use every interaction to enrich our culture.(たくさん笑い、親身に聞き、あらゆるやりとりを文化醸成に役立てます)

・We always find the "yes" and write the next great chapter in real time(常に「イエス」を見つけ、次なる最高の章をリアルタイムで書き下ろします)

・The bigger we get, the smaller we act.(大きくなればなるほど、小さく振舞います)

・Our Culture of Enlightened Hospitality(悟りを開いたホスピタリティの文化)


和訳が若干乱暴だが、「5つの悟りを開いたホスピタリティの信条」が気になるところだ。探したらスライドを見つけた。


「Taking Care of Each Other, Our Guests, Our Community, Our Suppliers, and Our Investors(仲間、お客さん、コミュニティ、サプライヤー、投資家を思いやること)」だそうだ。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード