日本のフードデリバリ「出前館」の成長確度が高すぎる件について

2017年12月08日 21:31

こんにちわ。ぶんせき君です!本日は、日本のフードデリバリーシステムである「出前館」を運営する夢の街創造委員会を見てみましょう。


ごはん用意するのって大変ですよね。栄養素、手間、冷蔵庫の中にある材料、これらを考えて、作る。非常にクリエイティブかつタフな仕事だと思います。最近では女性の社会進出も進み、ごはんを作る時間はますます少なくなってきているのではないでしょうか。


他方、飲食店も売上高を上げる術として、デリバリーには熱視線を送っています。飲食店の収益構造は原材料費が30-35%程度が一般的です。なので、家賃・人件費といった固定費をそのままに売上高を伸ばせるのは、収益にとって非常に喜ばしいことです。

この続きを見るには
(3040文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード