ビル・ゲイツ財団も投資している節水・衛生サービス大手企業エコラボは現実的な水不足ソリューション企業。

2018年01月05日 09:12

Ecolab, inc. 【NYSE:ECL】   


エコラボは、水処理・節水ソリューションと衛生サービスを中心とする企業。

2030年までに世界経済の70%が水不足の影響を受け、2050年には世界が必要とする水の量は今より40%増加し(via Ecolab)、国連によると2030年までに世界人口の半分が水不足の地域に住むことになると予測されている。


そういった世界的課題に対し、現実的な節水ソリューションで持続可能性のある儲け方をしているのが今回紹介するエコラボだ。


テック株のような華々しさのない退屈な投資先だが、リーマン・ショック時でもそれほど業績をおとさなかった強靭なビジネス基盤を世界170ヶ国に展開している。

この続きを見るには
(6563文字 画像21枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

「廃棄物処理」というコモディティ市場で急成長!M&Aによる地域独占で拡大する「Waste Connections」

2018年07月28日 20:00

皆さんは、ゴミの収集を行う団体や企業というとどのようなものを思い浮かべますか?

多くの方が市町村などの地方自治体や、町のリサイクルショップを想像するのではないでしょうか。

売上CAGR157%、メルセデスベンツ・エナジーと戦略的提携!住宅用太陽光パネル販売を行う「Vivint Solar」

2018年07月20日 18:00

突然ですが、皆さんは太陽光パネルを自宅に導入していますか?

総務省の統計によると、日本では平成25年時点で、3.0%の住宅に太陽光パネルが導入されていたようです。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード