チーズ入りハンバーグなどを作る「包あん機」で国内シェア9割!海外売上比率56%の「レオン自動機」

2018年05月26日 22:12

今日は、食品機械を製造するレオン自動機(6272)を紹介したいと思います。

レオン自動機がつくった饅頭

栃木県に本社を置くレオン自動機は、1963年に設立され、自動包あん機の製造・販売を開始しました。 

5年後の1968年には輸出を開始し、翌1969年にはドイツに「レオン研究所」を設立、1970年にはアメリカに駐在員事務所を開設しました。  

1987年に東証二部、1989年には東証一部に上場。 

なお、社名「レオン」は、レオロジー(流動学)に由来します。 

レオロジーとは、粘性や弾性の流動を解明する科学であり、レオロジカル ・エンジニアリング(RE)とは、食品の口当たりや香りを秘めたデリケートな天然の「おいしさ」の源、「粘性」と「弾性」の条件を巧みに位置転換して成形する食品の応用工学です。 

レオン自動機は、食品の応用工学に研鑽を重ねることで、世界の民族食生産の自動化に成功し、食品機械の国際企業としての地位を築いています。


この続きを見るには
(2534文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。