推定700万人の未婚男女がターゲット!婚活結婚率11%時代に婚活市場で勝てる上場企業はどこか

2018年02月01日 10:41

日本では晩婚化や少子高齢化などが社会問題とされていますが、その背景にあるのが「結婚できる若者」の減少です。いわゆる結婚適齢期(20代後半-30代前半)の男女の未婚率を見ると、次のように大きく増加しています。

(総務省「国税調査」)

20代後半の男性の未婚率は、1960年当時は50%未満でしたが、2015年には70%を超えています。

最も未婚率が低い30代前半の女性をみても、1960年の10%から30%にまで増大しています。


2017年の20代後半(25-29歳)の男女はそれぞれ320万人、305万人ずついるため、未婚男女の絶対数はそれぞれ232万人、186万人いると推計できます。同じように、30代前半(30-34歳)の未婚男女はそれぞれ169万人、120万人ずついると推定。

合わせると、全体では700万人ほど結婚適齢期の未婚男女が存在すると推定できます。晩婚化が進んでいることを考えれば、もっと対象を広げていいかもしれません。

「結婚しない男女」が増えているとはいえ、その多くは実際には「いずれ結婚したい」と思っているようです。

(パートナーエージェントの決算説明資料より)

男女ともに90%近い人たちが「いずれは結婚したい」と思っているようです。

この続きを見るには
(2648文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

完全貸切ゲストハウスで14年連続増収!顧客満足度一位のウエディング事業を営む「ブラス」が全国展開を目論む

2018年07月08日 12:00

今回は完全貸切のゲストハウスを使ってウエディング事業で成長を続ける「ブラス」についてまとめていきたいと思います。

ブラスは2017年にハウスウエディングでオリコン顧客満足度東海一位を獲得しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード