2018年01月22日 12:06

配達サービスから金融サービス企業へ!西部開拓時代からつながるアメリカン・エキスプレスの歴史

今回取り上げるのは、世界有数のクレジットカードブランドの一つ、アメリカン・エキスプレスです。

クレジット業界における現在のマーケットシェアではVisaやMastercardの次となっているアメックスですが、歴史は圧倒的に長く1850年の創業です。

文字通りアメリカとともに発展してきた企業であり、それゆえの苦難に何度も見舞われています。

今回は、アメックスの創業からの歴史をまとめた上で、直近10年ちょっとの決算数値について整理してみたいと思います。


アメリカ西部への配達サービスとしての創業

19世紀の中頃、アメリカの郵便サービスは極めて遅く、価格も高く、対応地域も多くありませんでした。

また、高価な配達物は無くなったり盗まれたりしてしまうため、配達を任せることができませんでした。


そんな中で1850年、ニューヨークで設立されたのが「アメリカン・エキスプレス」です。

当初はアメリカ西部地域に向けた配達サービスを提供していました。金や通貨などを含む物資を馬車を使って確実に配達することで信頼を獲得。

そのように、アメックスの創業は決して金融とは関係なかったのですが、最も大きな顧客は銀行でした。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン