【2016年6月期】ドンキホーテHDのセグメント別業績

ドンキホーテホールディングスの2016年6月の売上高は7596億円、経常利益438億円。

連結子会社53社と非連結子会社24社、持分法非適用関連会社2社を有している。

事業セグメントとして以下を報告している。

リテール事業

家電製品、日用雑貨品、衣料、食品、住居関連商品、時計、ファッション用品、スポーツ・レジャー用品、DIY用品の販売を行う「ビッグコンビニエンス&ディスカウントストア」としてチェーン展開。

テナント賃貸事業

複合型商業施設や店舗の一部をテナントに賃貸

その他

店舗開発、不動産事業、店舗端末連動販促システム、金融サービス、バックオフィスなどを主にグループ内向けに展開。


連結従業員6857名のうち、6003名がリテール事業、280名がテナント賃貸事業に従事。


セグメント別売上高

売上高7596億円のうち、96%にあたる7333億円がリテール事業の売上。

次に、リテール事業の内訳。

リテール事業の売上7333億円のうち、およそ3分の1にあたる2422億円が食品の売上。次に大きいのが日用雑貨品、時計・ファッション用品でそれぞれ1573億円(21.5%)、1542億円(21%)を売り上げている。

セグメント別利益

セグメント別利益を見ると、リテール事業が214億円で54%、テナント賃貸事業が127億円で32%、その他の事業が54億円で14%を稼いでいる。やはりスーパーディスカウントストアだけにリテール事業の利益率は低いようだ。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード