2018年02月20日 18:21

東南アジアのカジノ事業へ参戦!衰退するパチンコ業界での生き残りを目指す広告企業「ゲンダイエージェンシー」

皆さんはパチンコ聞くとどのような印象を受けるでしょうか。


いつも繁盛していて、新台入荷の日には朝から行列ができる、などのイメージがあるかもしれませんが、実は過去5年においてパチンコ業界の市場規模は縮小傾向にあります。


(ゲンダイエージェンシーHPよりどん兵衛作成)

2012年は26兆円弱だった市場規模ですが、2016年には21.6兆円にまで減少しています。

それでは参加人口はどうでしょうか。

(ゲンダイエージェンシーHPよりどん兵衛作成)

こちらもやはり減少しています。2012年には1110万人だった参加人口は940万人にまで減少しています。

これらのデータを見る限り業界そのものは衰退しているように思えます。

それでは業界の衰退はパチンコ関連企業が必ずしも衰退することを意味しているのでしょうか。

また、企業はどのように打開して行く必要があるのでしょうか。

今回はゲンダイエージェンシーを例に見ていきます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
国内 ゲンダイエージェンシー
2018年09月02日 12:00

パチンコ業界トップシェア「マルハン」の売上は1.5兆円!2兆円もの市場規模を誇るパチンコ業界のあゆみと現状

ヨーロッパから来たボードゲームが独自に進化
縮小を続けるパチンコ市場
パチンコ業界大手2社:「マルハン」「ダイナム」
インバウンドに向けた取り組み

以前、日本のカジノ関連企業を調べていく中で、日本のパチンコ市場の大きさに衝撃を受けました。

今回はその国内パチンコ業界について取り上げていきたいと思います。

2018年12月04日 12:00

カナダ最大級のカジノ企業!オンタリオ開拓で45%増収の「Gateway Casinos」が新規上場

カナダ最大級のカジノ企業!オンタリオ開拓で45%増収の「Gateway Casinos」が新規上場
1992年に設立され、現在26施設を運営。2017年の売上は約411億円
5つのカジノブランドによるゲーム関連収益が80%超(3.8億カナダドル)、飲食関連も売上の10%弱(6.6億カナダドル)
2016年に進出したオンタリオでの売上が全体の46%に
人件費やマーケティングコストは低下傾向。設備投資が先行してFCFはマイナスで推移
Gateway Casinos進出3エリアの市場規模はラスベガスに匹敵

ニューヨーク証券取引所へ上場予定を予定しているカナダのカジノ企業「Gateway Casinos & Entertainment Limited」を取り上げます。

公式HP

1992年に設立され、現在26施設を運営。2017年の売上は約411億円