東南アジアのカジノ事業へ参戦!衰退するパチンコ業界での生き残りを目指す広告企業「ゲンダイエージェンシー」

2018年02月20日

皆さんはパチンコ聞くとどのような印象を受けるでしょうか。


いつも繁盛していて、新台入荷の日には朝から行列ができる、などのイメージがあるかもしれませんが、実は過去5年においてパチンコ業界の市場規模は縮小傾向にあります。


(ゲンダイエージェンシーHPよりどん兵衛作成)

2012年は26兆円弱だった市場規模ですが、2016年には21.6兆円にまで減少しています。

それでは参加人口はどうでしょうか。

(ゲンダイエージェンシーHPよりどん兵衛作成)

こちらもやはり減少しています。2012年には1110万人だった参加人口は940万人にまで減少しています。

これらのデータを見る限り業界そのものは衰退しているように思えます。

それでは業界の衰退はパチンコ関連企業が必ずしも衰退することを意味しているのでしょうか。

また、企業はどのように打開して行く必要があるのでしょうか。

今回はゲンダイエージェンシーを例に見ていきます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加