Intuitの業績(2016年7月期)

2017年01月10日 21:57

Intuitは会計ソフトウェア世界最大手らしい。

要点

・2016年7月決算期の総売上は46億9400万ドル、営業利益は12億4200万ドル、純利益は9億7900万ドル

・セグメント別収益は「Small Business」23億ドル、「Consumer Tax」19億ドル、「ProConnect」4億ドル

業績推移

売上高は46億9400万ドル、営業利益は12億4200万ドル、純利益は9億7900万ドル。そこまで大きな成長ではなさそうにも見えるが、2012年と比べると10億ドル売上が伸びている。

事業と組織について

主な事業セグメントは「Small Business」「Consumer Tax」「ProConnect」の3つ。

Small Businessでは、その名の通りスモールビジネス向けに会計ソフトウェアを提供しおり、具体的な製品としては「QuickBooks Online Accountant」などがある。

Consumer Taxでは、消費者向けに課税申告関連のソフトウェア「TurboTax」を提供。

ProConnectは、プロの会計士を対象として税務申告ツールやトレーニングサービスなどを提供。

それぞれの収益推移を見てみよう。

Small Businessセグメントは売上高23億ドル。Consumer Taxセグメントが19億ドル、ProConnectセグメントが4億ドルという内容。

次に事業別の営業利益を見てみよう。

興味深いことに、収益の大きなSmall BusinessよりもConsumer Taxの方が営業利益が大きくなっている。


まあ数字だけ見ても、プロダクトを見ないと具体的なことはよくわからんな。とりあえず規模感だけ把握できたと思うけど。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード