リユース新時代に適応できるか?明治時代にルーツをもつ「コメ兵」の歴史と現在の事業戦略

2018年03月23日 15:25

近年、リユース領域では「メルカリ」「フリル(現ラクマ)」など、「フリマアプリ」と呼ばれる領域が急速に成長しています。

リユース関連のサービスは、「ブックオフ」「ヤフオク」に代表されるように以前から身近なものでしたが、直近のフリマアプリの普及や、「CASH」「パソダッシュ」などの即時買取モデルの出現により更に勢いを増しています。


そんな中、リユース品の中でも「ブランド品・ファッション」を主軸にするのが「コメ兵」 です。

この続きを見るには
(3825文字 画像22枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード