「星乃珈琲」が業績拡大の鍵?2007年に経営統合した「ドトール・日レスホールディングス」

洋麺屋五右衛門などを運営する「日本レストランシステム(株)」と「(株)ドトールコーヒー」の株式移転により、2007年10月1日付で経営統合し、「(株)ドトール・日レスホールディングス」が設立されました。

この統合により、「ドトールコーヒー」「エクセルシオール」「洋麺屋五右衛門」のほか、「星乃珈琲店」「MORZART」など、40を超える飲食ブランドを展開するグループとなりました。

今回の記事では、「ドトール」「日レス」両社の歴史や特徴をまとめた上で、財務状況と今後の事業戦略についてまとめています。


日本のコーヒーチェーンの先駆け「ドトール」

ドトールコーヒーは、東京オリンピック直前の1962年にコーヒー豆の焙煎・卸業として設立されました。

その後、1972年に「カフェコロラド」、1980年「ドトールコーヒーショップ」を出店し、カフェ業態を開始。

1993年には株式を店頭公開し、業績拡大を加速します。

この続きを見るには
(4153文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
ドトール・日レスホールディングス
B6fiypgnvsokisa4ezk20w

【速報】中国のコーヒーユニコーン「Luckin Coffee」がナスダックに上場申請

2019年04月23日 15:30

中国で店舗数を爆発的に増加させていた「Luckin Coffee」がナスダック市場に上場申請書を提出しました。

IPO
55l3zuhfx1vc6rzw23ys1g

75%がFC!営利は100億円以上をキープ「ドトール・日レスホールディングス」2019年2月期本決算

2019年04月20日 07:00

ドトール・日レスホールディングス(証券コード:3087)の最新決算が発表されました。

5mihfqlm15fcedwhnth1vw

luckin coffee台頭の影響は?中国市場中心で見る「Starbucks」1Q19決算

2019年01月25日 20:00

本日、Starbucks Coffeeの2019年9月期1Qの決算が発表されました。

Iavelof76jyyxpd6ehzija

平成の30年間でコーヒー業界に起こった変化に迫る!コーヒー業界の平成史

2018年12月24日 12:00

2018年もそろそろ終わりに近づき、さらには「平成」という元号も幕を閉じようとしています。