【IPO】アパートや観光施設向けにWi-Fi構築サービスを提供!垂直統合で差別化を図る「ファイバーゲート」

先日、今年になってから上場した企業の業績を比較してみました。

RPAホールディングスや「なんぼや」のSOUなど!2018年3月までの新規上場企業19社の色々ランキング

今回は、その中で気になった「ファイバーゲート」について調べます。


ファイバーゲートは2000年に設立され、集合住宅や商業施設を対象として、Wi-Fi設備の構築サービスを提供しています。

直近の業績推移を見てみましょう。

2017/6期の売上は27億8738万円と、2期前の2倍近い規模に拡大しています。(2016/6期は決算期の変更による6ヶ月の変則決算)

この続きを見るには
(4045文字 画像17枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード