更地活用から賃貸管理まで一貫してお任せ!賃貸不動産仲介の最大手「大東建託」のビジネスモデル

2018年05月01日 20:17

今回は、「いい部屋ネットで探そう」のCMでおなじみ、大東建託についてまとめてみたいと思います。

大東建託は1974年に名古屋市で「大東産業株式会社」として設立されました。

名古屋証券取引所を経て、1992年に東京証券取引所第一部に株式上場。数度の社名変更を経たのちに、本社を東京に移します。

「いい部屋ネット」ブランドが誕生したのは2004年。2016年にできた「DK SELECT」も大東建託のブランドです。

同年、日本サッカー協会とサポーティングカンパニー契約を締結。

2017年には管理戸数が100万戸を超えています。

現在、大東建託は賃貸住宅の供給戸数・仲介件数・管理戸数で国内1位。


まずは業績の推移を見てみます。

この続きを見るには
(3754文字 画像13枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シャッター国内シェア50%超!売上4,000億円を見込む隠れたグローバル企業「三和ホールディングス」

シャッター国内シェア50%超!売上4,000億円を見込む隠れたグローバル企業「三和ホールディングス」

東京オリンピック開催に伴う建設需要はさまざまな業界に波及します。「三和ホールディングス」(証券コード:5929)はシャッターの国内最大手として堅調に業績を伸ばす企業です。

三和HDは1956年、高山萬司氏が兵庫県・尼崎市で創業しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード