オハイオ州の牛乳屋さんが発祥!熾烈なコンビニ競争の中で成長を続ける「ローソン」の事業数値等まとめ

2018年04月07日 10:03

今回は、大手コンビニチェーンの一角「ローソン」についてまとめてみたいと思います。

1939年に米国・オハイオ州でJ.J.ローソン氏が営んでいた牛乳販売店が発祥。

日本では1975年に大阪で一号店がスタートし、2000年に三菱商事と提携。

2017年には株式の公開買い付けにより三菱商事が議決権の過半数を取得を完了。三菱グループの連結子会社となりました。


2000年以降の業績推移を見ると、2004年までは低迷していたものの、その後再び拡大軌道に入ったことが分かります。

この続きを見るには
(3457文字 画像14枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
ユニー売却で収益性改善!スライド3枚でわかる「ユニー・ファミリーマートHD」2019年2月決算速報

ユニー売却で収益性改善!スライド3枚でわかる「ユニー・ファミリーマートHD」2019年2月決算速報

保有していたユニー株式会社の株式を売却し、コンビニエンスストア事業に専念する動きを見せる「ユニー・ファミリーマートHD」(証券コード : 8028)が2018年度決算を発表しました。

中国の店舗数が41%増! スライド3枚で見る「ローソン」2019年2月期決算

中国の店舗数が41%増! スライド3枚で見る「ローソン」2019年2月期決算

大手コンビニチェーンの「ローソン」(証券コード:2651)が最新決算を発表しました。

スライド3枚でざっと見る「セブン&アイ・ホールディングス」2019年2月期本決算

スライド3枚でざっと見る「セブン&アイ・ホールディングス」2019年2月期本決算

セブンイレブンを運営する「セブン&アイ・ホールディングス」の2019年2月期本決算が発表されました。