Salesforce出身の二人が創業!クラウド戦国時代の中で「入り口」を押さえるID管理SaaS「Okta」

今回は、アメリカのSaaS企業「Okta」についてまとめます。

Oktaは、「シングル・サイン・オン(SSO)」や「多要素認証(MFA)」など、企業向けに認証システムをクラウドベースで提供しています。


業績推移を見てみましょう。

売上高は直近で2億6000万ドル、営業損失は1億1638万ドルという水準です。

営業「損失」率は44.75%と、大きな赤字ではありますが、売上成長率は62%という非常に高い水準をキープしています。


「Okta」のシングル・サインオンは、日本でもネット企業を中心に導入している企業は少なくありません。

急成長を続ける「Okta」はどのようなサービスを展開し、どう稼いでいこうとしているのかについて今回は調べてみたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加