通期決算シーズン到来!注目のインターネット企業3社(Gunosy、UUUM、ロコンド)の決算まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業の通期決算シーズンがやって参りました。

今週は早くも200社以上の決算が発表されているので、週末も使いつつ、気になる企業の決算を一通りチェックしていきたいと思います。

今回取り上げるのは、「Gunosy」「UUUM」「ロコンド」の3社です。


Gunosy:「グノシー」のアクティブユーザー減も、新規事業やアドネットワーク売上が伸長

まずはニュースキュレーションアプリ「グノシー」などを展開するGunosyから。

期末は5月なので、今回は3Qの決算です。


3Q時点での累計売上は79億円弱で、前年から40%増という高成長を維持しています。

収益の過半を占める「Gunosy Ads」が2016Q1以来はじめてQonQで微減。14億7600万円の売上をあげています。

アドネットワーク売上は相変わらず伸び続け、四半期での売上が初めて10億円を超えています。


「Gunosy Ads」の売上減少の理由は、アプリ「グノシー」のアクティブユーザー数が減少したためとのこと。

「その他」売上は、子会社「ゲームエイト」の成長によりQonQで36%の成長です。

コスト構造の変化

続いて、Gunosyのコスト構造の変化を見てみます。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加