国内アイウェア事業の単価減少も海外事業は41%の売上成長!メガネSPAを展開する「ジンズ」の最新決算

今回は、「メガネのSPA」という新ジャンルを確立したジンズの最新決算をまとめていきます。


まずは、全体の結果を見てみましょう。

上半期の売上高は253億円(前年+6.2%)、営業利益は22億円弱(前年+7.8%)という水準。

過去、10%前後の売上成長率を続けてきたことを考えると、今期は成長が鈍化しています。


成長が鈍化している背景には、国内におけるメガネ小売市場自体が縮小していることが挙げられます。

2016年3月までは市場も拡大していましたが、それ以降の2年間はマイナス傾向が続いているとのこと。


今回のエントリでは、ジンズの最新決算の中身をザクっとまとめていきたいと思います。


まず重要な数値は、ジンズのセグメントごとの業績です。

国内アイウェア事業の売上は207億円で、全体の82%ほどを占めています。

前年同期と比べた成長率は3.8%と、ほとんど横ばいに近い状況です。


一方、海外アイウェア事業は33億円弱を売り上げ、前年同期から41.2%と大きく成長。全体の13%近くを占めるまでに拡大しています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加