クックパッドの収益構造

2016年11月26日 13:34

クックパッドは言わずと知れた日本最大級のレシピサイトであり、無料会員と有料会員を合わせたいわゆるフリーミアムのビジネスモデルが特徴。


月間の利用者数は6000万人を超える。


有料のプレミアムサービスについても180万人もの利用者がすでにいるそうだ。

しかし、クックパッドの年間の売上は140億円を超えており、月額280円のプレミアム会員の売上だけでは年間で60億円程度にしかならない。つまり、彼らは会員ビジネス以外の収益源を持っているということになる。

2016年第三四半期の決算ハイライトを見ると、「利益率の高いレベニューシェア売上の増加」と書いてある。

売上収益の構成も載せてあった。会員事業が半分以上で、広告による収益も30%近くあるようだ。ということは、レベニューシェアというのは広告事業の中に含まれるのだろうか?そもそも、有料会員による売上は半分も入っていないはずなので、その点の疑問も残る。


その次のスライドに答えを見つけた。どうやらレベニューシェア売上は会員事業に含まれるらしい。「dグルメ」というのというのはNTTドコモが提供するグルメ情報サービスのようだ。

追記:キャッシュフロー分析

ここのところ不調気味のクックパッド社ですが、利益率は依然として高く、どのくらいの企業価値が見込めるかを試算してみたいと思います。

ここ2年はかなり絶好調だったようで、それぞれ40億円、50億円のフリーキャッシュフローを生み出しています。

しかし、今期は第2四半期時点で前年比マイナス13.3%の売上減となっています。

この中で、今後5年間のキャッシュフローをどう見積もったらよいでしょうか。


今回は思いっきり単純化して、クックパッドが永遠に毎年40億円のフリーキャッシュフローを生み続けるものとして試算してみます。

2018 2019 2020 2021 2022
予測FCF 40億 40億 40億 40億 40億
現在価値 36億 32億4000万 29億1600万 26億2440万 23億6196万
有利子負債額4421万9000 有利子負債コスト0.01 実効税率0.4
株主資本時価955億500万 株主資本コスト0.1 WACC
0.1
永久成長率0.0 継続価値
400億
企業価値
547億4236万

すると、残念ながら企業価値は547億円となってしまいました。

永久成長率ゼロパーセントだとやはり厳しいですね。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード