【必見】売上成長率58%!驚異的な成長を続ける「アリババグループ」成長要因を三つに分解

昨晩、中国最大のEコマース企業であるアリババグループの2018年3月期決算が発表されました。


まずは、全体の業績推移を見てみましょう。

2018年3月期の売上高は2502億元(4.3兆円)で、前年から58%の増収。営業利益は693億元(1.2兆円)で、同じく44%の増益です。


GMV(流通総額)の変化も見てみましょう。

2018年3月期のGMVは4.82兆元(82.76兆円)で、前年から28%の増加となっています。

GMVの前年成長率の推移を見てみます。

アリババグループのGMV成長率は、前年までは少しずつ緩やかになっていましたが、2018/3期は加速していることが分かります。


一体何が起こっているのでしょうか?

今回のエントリでは、アリババの「前年比58%」という驚異的な売上成長率を、発表された事業数値を元に分解してみたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加