「七五三」だけで年間145億円の売上!写真を軸に新たな進化を目指すこども写真館「スタジオアリス」

2018年05月04日 15:02

今回は、写真スタジオを主に展開する「スタジオアリス」について調べてみます。


前身は(株)日峰写真工芸という会社で、1974年に大阪府大阪市で設立されました。

最初はフィルムの現像、プリント、引き延ばしなど、商業写真を事業として展開。いわゆるDPE(Development - Printing - Enlargement)ですね。


1986年には、レンタルビデオ事業を開始し、ホームエンタテインメント分野へ進出しています。

1992年には、こども写真に特化した写真館「こども写真城」をオープン。


1994年には屋号を「こども写真城スタジオアリス」に統一し、1998年には100号店を開くまでに拡大します。


1999年には「スタジオアリス」に社名を変更し、ビジュアル・アイデンディティ確立のためにオリジナルのシンボルマークとロゴタイプを設定します。

2001年には、ウォルト・ディズニー・ジャパンとの間でディズニーキャラクターの使用に関するライセンス契約を締結。

これを機に、ミッキーマウスなどのディズニーキャラを使った撮影メニューを展開します。


この続きを見るには
(4592文字 画像19枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード