2ヶ月以内で週次5,000台目標!45万台超の予約を満たすべく奮闘する「テスラ」2018年Q1決算まとめ

今回は、電気自動車メーカーとして常に注目を集めている「テスラ」の四半期決算についてまとめます。


今回のエントリでは、やたらと文字が多いテスラの四半期報告書から、重要なポイントをピックアップしていきたいと思います。

まずは全体のハイライトから。

・テスラの最新モデル「Model 3」の生産キャパシティは、4月の第3週に週次2,270台に達し、3週連続で2000の大台を超えた

・自動車の粗利益率(Gross margin)はGAAP(一般会計原則)では80bp、non-GAAPでは500bp上昇

・Q1終了時点での現金残高は27億ドル

・2018年Q3とQ4にはGAAPによる純利益とキャッシュフローがプラスになる見込み


事業が計画通りに進捗すれば、Q3とQ4には株式報酬を除いた上での純利益がプラスになる予定だが、そのためには週次でModel 3を5000台生産する能力が必要。

それにより、2018年Q1にはわずかにマイナスだったModel 3の粗利率をQ2にはトントンにし、Q3とQ4には大きくプラスにすることができる。

究極なことを言えば、Model 3の成長により、我々は再生可能エネルギーへの移行をさらに加速させることができるだろう。



生産キャパシティの拡大:2ヶ月後に週次5,000台を目指す

あらゆる製造業がそうであるように、Model 3の生産速度は、サプライチェーン全体の最も遅い部分によって決まってしまう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加