GMOインターネット2018年1Q決算まとめ:マイニング事業の正味売上は6.1億円、正味営業利益は1.9億円

今回は、昨日発表されたGMOインターネットの決算についてまとめてみたいと思います。


GMOインターネットは1991年に前身となる(株)ボイスメディアが設立された、業界の大老舗です。

近年は、長く展開しているホスティングやドメイン販売、決済などの「インターネットインフラ事業」、広告ビジネスなどを手がける「インターネット広告・メディア事業」、ネット証券やFXなどを展開する「インターネット金融事業」という三つが主な事業でした。

しかし、今期から「仮想通貨事業」が新たに事業セグメントとして加わり、仮想通貨に関するビジネスを本格展開していく構えを見せています。


今回のエントリでは、GMOインターネットの四半期決算についてまとめた上で、本格化している仮想通貨事業の内容がどのようなものなのか、創業社長の熊谷氏が述べた内容をまとめていきたいと思います。


全体業績の推移

まずは、全体業績の推移を見てみましょう。

直近の売上高は437億円、営業利益は52億6900万円となっています。

営業利益率は12%前後の場合が多く、安定しています。

売上高は、前年比10%から20%の増加率となっている四半期が多く、安定して増収しています。

一方、営業利益に関しては大きく増加する四半期(60%以上)と、前年比でマイナスになる四半期が交互にきながら、全体としては増加しているという形です。


セグメントごとの業績

続いて、セグメントごとの業績について見てみましょう。

まずはセグメントごとの売上高です。

インターネットインフラ事業が伸び続け、売上234億円近くに達しています。

インターネット広告・メディア事業は122億円、インターネット金融事業は81億円ほどの売上。

比率で見ると、インターネットインフラ事業の割合が増しています。直近では53.5%と、全体の半分以上を占めています。

主要三事業の売上増加率の推移を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加