自動運転の鍵を握るのは完成車メーカーではない!カーシェア好調、海外進出攻勢へ出た「パーク24」

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、時間貸駐車場サービスを展開する「パーク24」についてまとめます。

かなり多くの方が、こちらのロゴを見たことがあるのではないでしょうか。

パーク24のメイン事業は、時間貸駐車場サービス『Times駐車場』です。

1971年8月に「ニシカワ商会」が設立されたのが始まりで、創業者は現社長・西川光一氏の父、西川清氏です。

清氏は、大学を卒業後、工業用ファスナー会社に9年間勤めていましたが、サラリーマンとしての給与に満足できず、「社長になりたい」と言い始めて退職してしまいました。

そしてできたのが「ニシカワ商会」であり、資本金100万円は奥さんの持参金だったそうです。


とりあえず会社を作ったものの、事業は決めていなかったため、フラフラと街を歩いていたところ、「駐車禁止」の貼り紙を見かけます。

それがひどく汚い字だったこと、店の前に車が止まるのを防ぎたいというニーズは普遍的なものなのではないかと考えたことから、「駐車禁止」の看板を売るというビジネスを思い立ちます。


看板は飛ぶように売れたそうですが、重たくて腰が痛くなるし、あまり大きな事業にはなりそうにありませんでした。

そこで、そのころ日本信号(株)が売り始めていたパーキングメーターに目をつけ、同社の販売代理店となります。

都内の病院で、多くが無関係な駐車であることに目をつけると、やはり病院側も迷惑していたらしく、かなりの病院で導入。

それから20年間、ひたすらパーキングメーターの販売代理店を続けます。


その結果、年商25億円前後の会社になったそうなのですが、せっかくだから上場企業に挑戦しようと考える中、1991年に開始したのが無人時間貸し駐車場「タイムズ」です。

駐車場の保守・運営自体はかなり早い段階ではじめており、1985年には駐車場運営部門を「パーク24」として分離。

1993年には「タイムズ」事業を含め全ての事業をパーク24に承継し、ニシカワ商会を解散。


1997年、日本証券業協会に株式を店頭登録。現・JASDAQに相当します。

その後も1999年には東証二部、その翌年には東証一部に上場し、創業者・西川清氏のチャレンジは実を結んだことになります。

2004年には、息子の光一氏が代表取締役に就任。清氏は2005年、腎不全により亡くなっています。

その頃には、駐車可能台数がトータルで10万台を超える、日本最大の駐車場ネットワークとなっていました。


光一氏が代表に就任したあとは、ネットワークを活用するための一手として、2009年にマツダレンタカーを買収。「モビリティ事業」として、ロードサービスやカーシェアリング事業を展開します。

また、2016年12月にはオセアニア・アジアを中心に駐車場事業を展開するSecure Parkingのグループ会社を、2017年8月には英国で駐車場事業を展開するNational Car Parks社を次々と買収。

海外進出を積極的に推し進めています。 

ちなみに、8月9日は「駐車場の日」(パークの日)と命名され、日本記念日協会に登録されています。


2000年以降の業績推移を見てみましょう。

右肩上がりの増収を続けています。2017年10月期の売上は2329億円、営業利益は205億円。

今回のエントリでは、パーク24の現在の事業内容や、直近の決算数値、そして今後の方向性についてまとめてみたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加