成長を支えている要因は何か?成長を続ける「GMOペイメントゲートウェイ」の増収要因を分解

GMOグループで決済ソリューションを提供する「GMOペイメントゲートウェイ」の2018年9月期上半期(2Q)決算が発表されました。

決算説明会資料

上半期の売上は125億円、営業利益は32億円に達し、前年から25%の増収と50%前後の増益となっています。絶好調ですね。

今回のエントリでは、GMOPGの「売上収益」の変化に着目し、その中身がどうなっているかを分析してみたいと思います。


まずは、全体の損益推移を四半期ベースで見てみましょう。

今期(2018/9期)からIFRSへの変更により、会計基準を変更していますが、グラフで見る限りその影響はそれほど大きくはありません。

それ以上に大きな変化が見えるのは2017/9期上半期の急激な売上高の増大です。

この時期に一体、何があったのでしょうか?当時の決算説明資料を見てみます。

『ZOZOTOWN』などで導入された後払いサービス『GMO後払い』の影響が大きく、フィー(手数料)売上とスプレッド売上が増大したことが分かります。


ここで、GMO-PGの4種類の収益モデルについておさらいしておきます。

「イニシャル」売上は、その名の通りシステムの初期導入費用です。

「ストック」売上は、月額で発生する固定収入であり、システムを利用する際のベース費用として発生するもの。定期課金ですね。

三つ目の「フィー」売上は、決済の処理”件数”に応じた手数料売上です。

最後の「スプレッド」売上は、「フィー」にとてもよく似ていますが、決済の処理”金額”に応じた手数料課金。


ビジネスモデルごとの四半期売上の推移を見てみましょう。

イニシャル売上はその性質上それほど大きくはならず、直近でも四半期あたり4億円弱の売上にとど待っています。

ストック売上も基本的には加盟店数に直線的に対応するため、ゆるやかな増加にとどまっています。


そんな中で急成長しているのが「フィー」「スプレッド」という2種類の手数料売上です。


ビジネスモデル別の売上成長率の変化を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加