MBOからの4年で売上5倍!広告関連事業をベースに『Unipos』への投資を加速する「Fringe81」

今回は、先日決算が発表されたインターネット企業、「Fringe81」についてまとめたいと思います。

始まりは2005年4月のことで、数多くのインターネット起業家を輩出した「ネットエイジグループ(現・ユナイテッド)」にてRSS広告事業を行うことを目的に2005年4月に『RSS広告社』として設立。

2010年には事業領域の拡大とともに『Fringe81』に社名を変更。

「Fringe」とは、「普通でない、異常な、前衛的な」などが古来の意味ですが、そこから「最先端」という意味合いを打ち出し、それに日本の国番号である「81」を加えた社名です。

RSS広告社、「Fringe81」に社名変更

上の記事によると、ロンドンでは「Fringe」という言葉で新しい文化の発信地を指す意味合いがあるそうです。

その後、2012年11月には、MBOによる独立を企図して新法人「Fringe81ホールディングス」を設立。

2013年3月に、既存株主から株式の72%を既存株主から取得して子会社化します。

そして、2013年7月に旧Fringe81を吸収合併し、Fringe81ホールディングスの社名をFringe81に変更したという経緯があります。


これらの沿革については、いい感じの図があります。

Fringe81に上場承認おりたので沿革をふりかえってみた

そして、MBOから4年が経過した2017年6月27日に東証マザーズに新規上場を果たしています。


2012/2期から6年間の業績推移を見てみましょう。

2013/3期までの2期は、旧Fringe81の業績、その後の4年間がMBO後のFringe81の業績推移です。

MBOしてからの4年間で、売上高は10億円から63億円へと、6倍以上に増大しています。

また、前期までは成長性を優先してか経常赤字の状態が続いていましたが、今期は経常利益が3億2700万円と、経常黒字化を果たしています。


今回のエントリでは、Fringe81がどのような事業を展開しているのか、決算数値とともにチェックしていきたいと思います。


Fring81の事業内容

Fring81の事業は、「広告代理サービス」「メディアグロースサービス」「ウェブサービス」「ソリューションサービス」の4つに分類されています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加