リクルート出身者が創業!2021年までに売上5倍を目指すWebマーケ企業「ショーケース・ティービー」

2018年05月18日 17:05

Webマーケティングの支援事業を展開する「ショーケース・ティービー」についてまとめたいと思います。

2018年経営戦略説明資料より)

代表取締役CEOの森 雅弘氏は1963年石川県生まれ。

1988年にリクルートに入社したのち、1996年に設立した「フューチャーワークス」という会社が前身です。

2005年には、同じくリクルート出身の永田 豊志氏(現・取締役COO)が経営する「スマートイメージ」と合併し、できたのが「ショーケース・ティービー」という会社です。

2006年には、Webマーケティング支援サービス『ナビキャスト』、2008年には入力フォームの最適化に特化した『フォームアシスト』など多くの事業を展開。

そして2015年には東証マザーズに上場しています。

『ナビキャスト』シリーズや『フォームアシスト』を含め、全部で11個の特許を取得しています。


それでは、ショケース・ティービーの業績推移を見てみましょう。

この続きを見るには
(3673文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード