あらゆる番組をテレビでストリーミング視聴できる世界を目指す!2017年上場の米国テクノロジー企業「Roku」

2018年01月27日 09:43

今回は、2017年にNASDAQに上場したばかりの米国テクノロジー企業「Roku」についてまとめたいと思います。

同社は「Roku Streaming Player」と言われる動画プレイヤーおよびテレビ製品を提供しています。「全てのテレビ番組をストリーミングで観られるようにする」というビジョンの元、NetflixやHBOなどの動画サービスから伝統的なテレビチャンネルまで、幅広い番組を観ることができます。

「Roku」というユニークな社名は日本語の「六」に由来しています。理由は創業者のAnthony Wood氏が始めた会社の中で6社目だったから。

Wood氏は1997年にReplayTVを創業した経歴の持ち主で、2007年から2008年まではNetflixで「インターネットTVヴァイス・プレジデント」という職務を勤めています。

創業は2002年と決して新しい会社ではないRokuですが、現在に至るまで成長を続けています。

アクティブアカウント数は1670万アカウント、視聴時間は38億時間、ユーザーあたりの売上(ARPU)は12.68ドルと軒並み増加しています。

この数字から単純計算すると、アカウントを平均して1日に2.5時間ほどRokuで動画を視聴していることになります。

この続きを見るには
(1700文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード