販売チャネル拡大による再加速を目指す!ネット生保市場の成長鈍化に直面する「ライフネット生命保険」

2018年05月21日 20:52

今回は、「ネット専業」の保険会社としてはじまった「ライフネット生命保険」についてまとめたいと思います。

概要資料より

日本の生命保険の市場規模はおよそ40兆円(主に保険料収入)にのぼります。世帯の加入率は90%と、非常に高いのも特徴。 

しかしその一方、多様化するニーズに合わせる形で、商品ごとの保障内容がとても複雑になってしまったのも事実。

さらに、保険業への参入には巨額の資金とライセンスも必要で、参入障壁も非常に高い業界です。 

この結果、生命保険の商品は、複雑で分かりにくく、保険料も高くなってしまいました。

2005年頃には大手保険会社の保険料不払いといった問題も生じます。


そんな中で2006年にスタートしたのがライフネット生命保険です。

マネックス・ビーンズHD(現・マネックスグループ)やあすかDBJ投資事業組合などからの出資を受け、準備会社「ネットライフ企画(株)」として設立。

2007年には三井物産、新生銀行、セブン&アイHDなどが加わり、20億円に増資したほか、同年12月にはリクルートが加わり、80億円に増資。

この続きを見るには
(4287文字 画像28枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード