Amazonと同じ?会員制スーパーを展開するコストコの事業KPIを分析!

今日は、米国の大きな小売チェーンの一角であるコストコについて調べます。


コストコの特徴

まずは、コストコという会社の背景をざっくりと見てみます。

コストコは1983年にワシントン州シアトルで営業を開始しました。

同社の特徴的な点は、会員制を採用していることです。

有料会員からは会費を受け取る代わりに、商品の価格を大きく下げることができます。

それによる顧客のエンゲージメントの強さと、価格競争力の高さがコストコの強みとなっています。

コストコの業績推移

全体の収益は1200億ドル近くに達しています。利益率は低いものの、安定して営業黒字を続けています。

営業利益率は概ね2%から3%という水準。

次に、収益の内訳です。

会員収入(Membership fees)も26億ドルと大きく伸びています。

コストコ会員数の推移

次に、会員数の推移をみます。

全体の会員数は8600万人。そのうち、有料会員は4760万人となっています。

コストコのWEBサイトを見る限りでは、ゴールドスター会員の年会費が60ドルとなっています。

この続きを見るには
(780文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード