創業から3年強で上場!交際相手のいない未婚者1,000万人をターゲットに街コンを開催する「リンクバル」

2018年06月03日 19:20

街コン専用の情報ポータル、街コンジャパンで有名な「リンクバル」についてまとめていきたいと思います。

創業者の吉弘和正氏は1970年生まれ、群馬県の出身。

高校卒業直前に父が経営していた会社が倒産し、一度は大学進学を諦めて会計事務所で働いています。

20代前半でカリフォルニア大学サンタバーバラ校に進学。

吉弘和正氏が渡米した理由は2つあります。

アメリカの流行が遅れて日本に来ることと、海外に渡る人が少なかった当時に英語の習得で差別化をはかることです。

在学中は学費と生活費を稼ぐために、個人事業主として古着ビジネスと業務委託の仕事をしていました。

業務委託は会計事務所の顧問先だった不動産会社から請け負っていました。

卒業後は不動産投資、プライベートエクイティー業界を経て、オックスフォード大学でMBAを取得。

2008年にハミルトンレーン社の日本オフィス設立と事業の立ち上げを行なっています。


リンクバルの始まり

海外生活が長かった吉弘和正氏は東京でネットワークを作るために様々なイベントやパーティに参加。

この続きを見るには
(3391文字 画像22枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

推定700万人の未婚男女がターゲット!婚活結婚率11%時代に婚活市場で勝てる上場企業はどこか

日本では晩婚化や少子高齢化などが社会問題とされていますが、その背景にあるのが「結婚できる若者」の減少です。いわゆる結婚適齢期(20代後半-30代前半)の男女の未婚率を見ると、次のように大きく増加しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード