2000年に「孫正義賞」を獲得!モバイル端末管理をベースに研究開発への投資を拡大する「オプティム」

AI・IoTなどのライセンス販売・保守サポートサービスを行うベンチャー企業「オプティム」について見ていきたいと思います。

ホームページより

・学生時代に3人でスタート

創業者の菅谷俊二氏は1976年、神戸生まれ。

小学2年でコンピュータに触れ、小学3年の時にはアドベンチャーゲームを作って友達に売っていました。

小学6年では弱い電気ショックを使った目覚まし「起きなさいよ!!」を電子工作コンテストに応募し佳作入選するなど、ものづくりへの興味が強い少年でした。


中学時代に、創業パートナーとなる野々村耕一郎氏、高校時代には同じく徳田整治氏と出会いました。

1996年に3人は大学生となり、国内初の価格比較サイト「秋葉原仮想電気街」を作ります。

3人は佐賀、新潟、大阪と別の大学に通っていたため、予定を合わせては東京に集まり、秋葉原などで野宿をしながら飛び込み営業を行なっていました。

・オプティムの誕生、そして国内シェアNo.1へ

2000年には、大前研一氏がプロデュースしたビジネスプランコンテストに応募。

「ファイルダウンロードの待ち時間に広告を流す」というアイデアで孫正義賞(特別賞)を受賞すると、ソフトバンクから「アイデアを買い取りたい」と交渉されます。

しかし、「自分たちでやりたいから」という理由でこれを断ります。

受賞により勢いがついた彼らは、佐賀の橋口電機社長、橋口弘之氏からの出資をえて2000年に会社を設立。

2001年にはダウンロードプロモーションサービス「i-CM」の提供を開始。


2009年スタートしたパソコン向け管理システム「Optimal Biz」は、2014年にMDM市場で3年連続国内シェアNo.1を達成。

2014年にマザーズに上場し、2015年に東証1部へと市場変更しました。

特許技術を多く保有しており、社員の8割がエンジニアという、技術中心の会社です。


オプティムの業績推移を見てみましょう。

売上高は2012/3期から2018/3期にかけて、13億円から42億円まで増加。

経常利益は2017/3期には6億8,200万まで増加していますが、2018/3期では4億400万と減少しています。

創業以来、毎年売上を伸ばし続けているオプティムとは一体どんな会社なのでしょうか?

今回のエントリでは、オプティムの事業と財務状況を見ていきたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加