虎ノ門ヒルズや京都迎賓館の修復サービスを提供!IoT時代のリペア需要拡大を狙う「キャンディル」

今回は新規上場が発表された「キャンディル」についてご紹介します!

住宅・商業施設を顧客として、建築に関わるサービスを提供している企業です。

会社ホームページ

代表の林晃生氏は1967年生まれで、岡山県出身。

(株)日本不動産学院を経て、(株)バーンリペアを東京都練馬区に設立しています。

その後は、戸建住宅のリペア(補修)を主力事業としながら、様々な会社を買収していきます。

バーンリペアは、日本で初めて建築業界向けに『リペアサービス』を提供する会社となっています。


2002年12月に(株)東陽トレーディング(現ハウスボックス)を子会社化。

2008年7月に(株)バーンリペアの子会社として(株)ケーエスエム(現キャンディルテクト)を設立し、(株)警備施工マネジメントより建築内装請負事業を譲受。

2011年10月に純粋持株会社として旧バーンホールディングスが活動を開始し、2016年11月に「キャンディル」に名前を変えています。


過去二年間の業績を見てみましょう。

営業利益率は低いものの、売上規模は120億円近くあります。

今回のエントリでは、新たに上場した「キャンディル」とは一体どんな会社なのか、報告資料をもとにチェックしていきたいと思います。


「建築」「住宅」「商業施設」にアフターサービスを提供

キャンディルは純粋持ち株会社である「株式会社キャンディル」の傘下に「バーンリペア」「キャンデルテクト」「キャンデルデザイン」の3つの事業会社を有するグループです。

事業内容は、主に「リペアサービス」「住環境向け建築サービス」「商環境向け建築サービス」「商材販売」の4つ。

それぞれについて内容を見てみましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加