虎ノ門ヒルズや京都迎賓館の修復サービスを提供!IoT時代のリペア需要拡大を狙う「キャンディル」

2018年06月08日 17:49

今回は新規上場が発表された「キャンディル」についてご紹介します!

住宅・商業施設を顧客として、建築に関わるサービスを提供している企業です。

会社ホームページ

代表の林晃生氏は1967年生まれで、岡山県出身。

(株)日本不動産学院を経て、(株)バーンリペアを東京都練馬区に設立しています。

その後は、戸建住宅のリペア(補修)を主力事業としながら、様々な会社を買収していきます。

バーンリペアは、日本で初めて建築業界向けに『リペアサービス』を提供する会社となっています。


2002年12月に(株)東陽トレーディング(現ハウスボックス)を子会社化。

2008年7月に(株)バーンリペアの子会社として(株)ケーエスエム(現キャンディルテクト)を設立し、(株)警備施工マネジメントより建築内装請負事業を譲受。

この続きを見るには
(2785文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード