月間17万人が利用!手ぶらで入退院できる『CSセット』で成長する医療介護系サービス企業「エラン」

今回は、入院患者向けにタオルや衣類などのレンタルを行う「エラン」についてまとめます。


創業者の櫻井英治氏は1970年生まれ。

高校生の頃にオートバイの免許を取り、卒業する頃にはプロのレーサーを目指すようになります。

1988年にはホンダクリオ相模原(現・ホンダカーズ神奈川西)に入社し、レース活動を続けながら整備の仕事を行います。

一度は退職し、海外のレース学校に通って帰国すると、レース活動にさらに取り組むためにフルコミッション(成果報酬)の寝具の販売を始めます。

21歳の頃、父親が病に倒れたことをきっかけに、レース活動へ家族からの反対が強くなります。

父親の他界を機にレース活動を断念し、気持ちを紛らわすために熱中した仕事で営業成績が大幅に向上。

次第に「会社経営者」 が目標となり、1995年に神奈川県相模原市で寝具販売事業で創業したのが「(有)エラン」です。

「エラン」というのはフランス語で「情熱」を意味する言葉で、櫻井氏の情熱的な価値観が垣間見えます。


2003年に介護医療関連事業として病院・介護施設向けサービス『CSセット』の販売をスタート。

2006年頃には『CSセット』に本格注力するため、創業から開始した寝具販売などの事業を縮小。

2014年に東証マザーズに上場、翌年東証一部に指定されています。


エランの業績推移を見てみましょう。

2017/12期の売上高は154億円、経常利益は9億円という規模に達しています。

経常利益率は6%から6.7%の間で推移し、わずかに低下傾向。

2011/12期の売上高は36.5億なので、そこから4倍以上に売上を増やしています。


病院や介護施設向けに展開するエランの『CSセット』とは一体どのような事業なのでしょうか?

今回のエントリでは、ビジネスモデルや事業数値についてまとめていきたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加