1年で売上11倍!「17 Live」の爆発的成長でNYSE上場を果たした台湾企業「M17 Entertainment」

今回は、新たに上場が発表された台湾のインターネット企業「M17 Entertainment」についてまとめたいと思います。

17 Media Japanより)

創業は2013年5月のことで、オンライン・デーティング・プラットフォーム「Paktor」をシンガポールで運営開始。

Paktorは2015年8月には台湾、2016年5月には韓国に進出しています。

2016年7月には同じく台湾でデーティングアプリを展開する「Goodnight」を買収。


2016年8月には「Down, Inc.」を買収。

2016年10月と2017年1月、Paktorは「Machipopo, Inc.」の株式36.8%と9.44%をそれぞれ1000万米ドル(以下ドル)、260万ドルで買収。

2017年3月には株式交換により完全子会社としています。


主力のライブ動画プラットフォーム「17 Live(17 Media)」は、2015年7月に台湾のHiphopアーティストJeff Huang氏が開始したサービス。

台湾では、すでにテレビよりもインターネットの視聴者が上回り、テレビCM広告よりもインターネット広告のシェアが大きくなっているそうで、そんな中で生まれたのが「17 Media(Machipopo)」でした。

2015年10月に日本のVC「Inifinity Ventures」が中心となり1010万ドルを出資。

2017年12月までに日本、香港など海外にもサービスを展開しています。

2017年7月には、台湾で「17 TV」「17 Music」、11月にはECプラットフォーム「17 Store」も開始しています。

2018年4月には日本での成長を加速するため、Infinity Venturesが中心となって展開していた「17 Media Japan Inc」の買収に合意。


今回のエントリでは、「17 Live」を展開する「M17 Entertainment」がどういう会社なのか、発表された決算資料からまとめてみたいと思います。

2016年から2017年までで売上は11倍に

まずは、全体業績をチェックしてみましょう。現在の形になってから日が浅いので少しややこしいですが、2年間の損益の推移をグラフにしてみます。


M17 EntertainmentとMachipopo(買収前)の合計数値です。

2016年の売上は768万ドル。日本円にして8億円程度ですから、それほど大きな規模ではありません。

同じく営業損失は1511万ドルと、売上よりも大きい損失を出していました。


それが、2017年には売上9,008万ドルと、前年比11倍以上という急激な成長を遂げています。

営業損失はPro forma(形式上の見積もり)で4378万ドルありますが、何より売上の増加率がとんでもないレベルです。

ちなみに、売上の内訳は次のようになっています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加