Fortune500企業の6割超が導入!Web上のプログラミング学習サービス「Pluralsight」が新規上場

先日、上場が発表されたアメリカのオンライン教育企業「Pluralsight」についてまとめます。

ホームページ

Pluralsightは2004年に対面型のILT形式のプログラミング教室としてスタートしました(ILT:Instructor-Lead Training)。

その後、オンライン教育のニーズが高まることを予想し、2008年に世界のどこからでも受講できるオンラインコースを開始。

スローガンは「Hardcore developer training」で、「プロの開発者による開発者のためのトレーニング・ライブラリ」としてサービスを提供します。

すでに対面型の生徒が数多くいたため、彼らにサービスを紹介することができました。

最初のコースは年間1,000ドルというもので、それなりに売れたものの、既存の対面クラスを置き換えるほどのものではありませんでした。

その後はコンテンツを増やす一方で価格を下げ、利用者がどんどん増えるようになります。

それにより、「この分野には可能性がある」と次第に確信を深め、2011年にオンライン配信モデルに完全にシフト。対面型クラスを完全にやめます。


その後は、ひたすらにコース数を増やしていくことでユーザーも増え、事業規模を拡大。

そして2018年6月に株式を上場しました。

過去3年の業績推移を見てみましょう。

2017年の売上は1億6,682万ドル(182億円)、営業損失は8275万ドル(91億円)。

赤字幅はかなり大きいものの、オンライン教育サービスでこの規模に成長した上場企業はほとんどありません。


今回のエントリでは、Pluralsightの事業がどのように構成されているのか、発表された決算資料から読み解いてみたいと思います。


この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加