2017年09月22日 15:59

10年後の世界標準?ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先の事業内容をチェック!

ソフトバンクグループの巨大ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が今年の5月にクロージングされたことは記憶に新しいところです。

「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の初回クロージング完了に関するお知らせ


この初回クロージングでは930億ドル以上(10.4兆円)を超える出資コミットメントを取得したとありましたが、それから半年も経たないうちにものすごい勢いで投資しまくっています。

SoftBank’s Vision Fund is the biggest technology investment portfolio ever. This is where its $93 billion has gone so far.

SoftBank is plowing billions into tech companies: Here's a list of investments so far

上の記事では、ソフトバンク及びビジョン・ファンドが過去に投資した、あるいは検討している企業とそれぞれの投資額について書いてあります。

UberやARM、WeWorkについてはご存知の方も多いと思いますが、他の会社はあまり馴染みがない企業も多くあります。


以前、孫正義氏は「自分は10年以上先を見据えて投資しているから、なかなか理解されない」的なことを言っていました。

これが本当なら、ソフトバンクの投資先を見ることで、10年先の世界がどうなっているのかを垣間見ることができるかもしれません。

なので、本エントリでは各社の背景や事業内容についてチェックしていきたいと思います。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
テクノロジー ソフトバンクグループ
2018年05月10日 16:07

NVIDIAの含み益が3460億円!スプリントの経営権譲渡を発表したソフトバンクGの2017年度決算まとめ

財政状態
グループの今後を占うビジョン・ファンド事業

今回は、昨日決算が発表された「ソフトバンクグループ」についてまとめていきたいと思います。

例年、孫正義社長の決算発表は見てて面白いのですが、誇張された部分も多くてあまり客観的とは言えない部分も多くあります。

2018年08月07日 12:00

ビジョンファンドの1Q営業利益が2,399億円!通信事業のキャッシュフローも倍増した「ソフトバンク」1Q決算

ソフトバンク本体の『Beyond Carrier』戦略
その他の事業
Armを通じ『トレジャーデータ』を6億ドルで買収
改めて語られる社会の流れからみた『ビジョン・ファンド』の意義
ソフトバンクの今後の動き

昨日、ソフトバンクグループの1Q決算が発表されました。

決算説明資料

2018年11月07日 07:00

上半期で1.4兆円の営業利益!「ソフトバンクグループ」2018年度2Q決算まとめ

売上は6%増加、営業利益はビジョンファンドが伸びて62%増加
ソフトバンク:営業利益・FCFともに10%近くの増加
スプリント:スプリントとTモバイル合併に自信
ビジョンファンド:中国のデリバリープラットフォーム「Ele.me」に出資予定
ソフトバンク上場はビジョンファンド資金の調達手段

群戦略でおなじみ「ソフトバンクグループ」の決算が発表されたので早速見ていきたいと思います。

2018年11月08日 07:57

決算説明で出てきたソフトバンクビジョンファンド投資先ベンチャー14社の事業内容をおさらい

① イケイケコワーキングスペース「WeWork」
② 韓国の爆速ショッピングサイト「Coupang」
③ インドネシア最大のEコマース「tokopedia」
④ インドの決済サービス「paytm」
⑤ 血液検査からがん細胞を検知する「Guardant Health」
⑥ 売りたい不動産を24時間で買い取ってくれる「Opendoor」
⑦ 不動産営業をテクノロジーと組み合わせる「Compass」
⑧ 動的なスマートガラスを開発する「View」
⑨ 建設プロジェクトを大幅に効率化する「Katerra」
⑩ GMV合計が10兆円規模に拡大した「ライドシェア」
11. 1.7億人が使うフードデリバリー「ele.me」

11月5日、ソフトバンクグループの2019年3月期2Q決算が発表され、Stockclipでもまとめ記事を出しました。

その中で存在感を強めているのはやはり「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の存在です。