世界各国で「戦略的パクリ」を展開!ドイツのインキュベーター『ロケット・インターネット』(前編)
2019年01月02日 12:00

世界各国で「戦略的パクリ」を展開!ドイツのインキュベーター『ロケット・インターネット』(前編)

ドイツのインターネット系企業に「ロケット・インターネット」があります。

彼らはいわゆる「インキュベーター」で、生まれて間もないスタートアップ企業に投資し、積極的に事業に関わって大きく育てるのが仕事です。


ロケット・インターネットは、シリコンバレーで成功したスタートアップ企業を徹底的に「パクる」ことでも知られています。

古くはAmazonから、Facebook、Airbnb、Grouponなど、ありとあらゆる成功したスタートアップのアイデアを丸パクリしては、アメリカ以外の市場で展開。

単に彼らのことを「このパクリ野郎」と思っている人は少なくなく、評判はあまり良くありません。

ただ、そういった印象を持たれるのも彼らが成功しているからであり、(アイデアはパクリだけど)成功するスタートアップを確度高く生み出してきたというのは事実。


日本でも孫正義氏が「タイムマシン経営」として、ある意味では近いアプローチで成功した起業家です。

また、近年のロケット・インターネットは『HelloFresh』を筆頭に、成功企業のパクリではないスタートアップをアメリカで成功させるなど、変化も起きています。


ロケット・インターネットのすごいところは、地元ヨーロッパから東南アジア、アフリカに至るまで、世界各国どこででも事業を立ち上げ、一定の成功を達成してしまうことです。

「グローバルに優れたオペレーションを構築できること」が彼らの強み。

スタートアップのエコシステムが十分に育っているとはいえない日本にとっては、ヒントになる部分もありそうです。

今回のエントリでは、「パクリスタートアップ」を生み出し続けるロケット・インターネットとはどんな会社なのか、背景とともに掘り下げてみたいと思います。


1999年『eBay』のコピーを作ると3ヶ月後に51億円で売却

ロケット・インターネットの創業者は、ドイツ出身のザンバー(Samwer)兄弟です。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
欧米 ロケットインターネット
2019年03月14日 20:00

ドイツのロケット・インターネット発!NYSEに上場申請したアフリカの大手EC「JUMIA」

ドイツのロケット・インターネット発!NYSEに上場申請したアフリカの大手EC「JUMIA」

ドイツのインキュベーター、ロケット・インターネット発である「JUMIA」の上場申請書類が公開された。アフリカの大手Eコマース企業となったJUMIAが、現時点でどのような成長をとげているのか確認したい。

四半期GMVは392億円(前年+57%)

JUMIAはアフリカの大手ECショッピングモール。創業は2012年で、当初の社名は「アフリカ・インターネット・ホールディング(Africa Internet Holding GmbH:ドイツ法人)」だった。

2018年12月03日 12:00

「最高に嫌なヤツ」のおかげ!?「シリコンバレー」はどのようにして始まったのか

日本でも「スタートアップ」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、当然ながら「新しい中小企業」という存在自体は昔からありました。(どんな企業も最初はそうです)

それではなぜ近年「スタートアップ」という名前が定着したのか。

この背景を考えると、資金提供者である「ベンチャー・キャピタル」の存在が大きいと言えます。