ガンダムとドラゴンボールだけで1540億円の売上!強力IP活用で中国展開を狙う「バンダイナムコHD」

今回は、日本を代表するエンタメ企業の一つである「バンダイナムコホールディングス」を取り上げます。

バンダイナムコHDは、2005年にバンダイとナムコの経営統合によってできた持株会社です。 

バンダイの歴史

バンダイは1950年に「萬代屋」として創業。当時はセルロイド製の玩具が主力製品でした。  

1960年代には、「レーシングカーセット」や泡のおもちゃ「クレイジーフォーム」電動玩具「サンダーバード」など、ヒット商品を数多く開発します。

1970年代には「マジンガーZ」「もぐらたたき」で大ヒットを達成。

また、アメリカに現地法人を設立して海外進出を始めます。

1980年にはいわゆる「ガンプラ」を発売し、大ブームを起こします。

80年代には、ヨーロッパにも進出を進めて企業規模を拡大し、86年に上場しました。

1990年代には「セーラームーン」や「たまごっち」を発売しブームになります。


ナムコの歴史

ナムコの起源は1955年に創業された「中村製作所」という会社です。 

当初はデパートの屋上のアミューズメント施設を作る会社でした。 

1970年代に「ナムコ」に社名を変更。

この続きを見るには
(3510文字 画像22枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード