いつのまにSaaS企業に?営業利益+59%の「はてな」が好調な理由

いつのまにSaaS企業に?営業利益+59%の「はてな」が好調な理由

2019年07月04日 20:00

日本のインターネット民なら多くの人が知る「はてな」が、業績好調です。

今年3Qまでの売上は19億円を超え、営業利益は3億9,400万円。

前年同期と比べて+59%という高成長です。

半年ごとの業績をみても、2016年H1(上半期)から、ほぼ一貫して成長を続けています。

はてなといえば「はてなブログ」「はてなブックマーク」など身近なサービス群が頭に浮かびますが、成長に貢献している事業はどれなのでしょうか?

四半期ごとに数値を整理しつつ、成長の背景について調べてみたいと思います。

「はてな」3つのサービスグループ

はてなのサービスは、大きく3つに分類されています。

1つ目は「コンテンツプラットフォーム」。「はてなブログ」や「はてブ」など、普段から目にするサービスです。

2つ目の「コンテンツマーケティング」では、企業向けに『はてなブログMedia』を提供。オウンドメディアの運営サポートなどを行なっています。

そして3つ目は、「テクノロジーソリューション」。サーバー監視サービス『Mackerel』や、マンガビューワ『GigaViewer』など、企業向けのツールを提供しています。

3つの事業カテゴリは、それぞれどのくらいの売上をあげているのでしょうか。

この続きを見るには
(2188文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
決算分析 はてな