大手コンビニ4社の店舗あたり売上高などを比較!

2017年09月29日 15:04

ユニー・ファミリーマートのアニュアルレポートを読んでいたら、面白いデータが「ファクトシート」として掲載されていました。

なので、今回はこのデータをグラフにしてみたいと思います。

店舗数の比較


国内のコンビニの数は2010年度は4.6万店舗ほどでしたが、2016年には5.8万店舗と、1万店舗以上増加しています。

割合で見てみます。

セブンイレブンの比率は28.47%から33.49%へと上昇。

ファミリーマートも17.74%から22.41%へと増大しています。一方で減少しているのは、ミニストップ、デイリーヤマザキなど大手3社以外のコンビニです。

チェーン全店売上高

続いて、チェーン全店の売上高推移です。

ファミマとサンクスは2016年には合算の数字になっています。

セブンイレブンの成長が目覚ましいですね。フランチャイズを含んだ数字ではありますが、売上は4兆円を超えて、右肩上がりに成長しています。

店舗あたり売上高

最後に、店舗あたり売上高の比較です。

4社ともそれほど大きく違わないですが、やはりセブンイレブンが2億円を超えており、突出しています。

他の3社も概ね1.5億円前後となっています。