NikeやPinterest、3Mなどの大手企業も導入!クラウドで簡単にアメリカの複雑な消費税制度を解決する「Avarala」

2018年06月29日 08:00

Avalaraは、アメリカにおける消費税(VAT)の計算や支払い、申請書作成等のサービスをクラウドで提供するシアトルの企業です。

2018年6月15日に上場したばかりですが、公開からわずか1週間で株価が約40%も上昇し、今最も注目されている企業の一つです。

ホームページより)


Avalaraの創業

 現在Avalara CEOのScott McFarlane氏は、2004年にAvalaraを創業しました。

日本で消費税の計算というととても簡単で、商品価格の8%ですよね。

ではなぜこのような消費税に関わるサービスがヒットしているのでしょうか。 


実はアメリカは日本のように全国一律で消費税が設定されてなく、なんと、アメリカでは州の数より圧倒的に多い12,000以上の地域がそれぞれ税率を設定しています。 


この続きを見るには
(3400文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード