トップ製薬会社の90%以上が利用!臨床開発の特化型SaaSでプラットフォームを築く「メディデータ・ソリューションズ」

今回は臨床開発の領域に特化したクラウドサービスを提供している、ライフサイエンス業界のプラットフォーマー「メディデータ・ソリューションズ」を取り上げます。


普段の生活ではなじみのない"臨床試験"は新薬の開発において不可欠なプロセスですが、なんと2017年に発売された上位15の医薬品のうち13種においてメディデータのプロダクトが活用されています。


専門性の高い特殊な領域に着目したきっかけは創業者であるグレン・デフリース氏自身の経験からでした。

カーネギーメロン大学で分子生物学や遺伝学を学んだデフリース氏は、コロンビア大学医療センターで研究者としてキャリアをスタートしました。

しかし、初めて臨床試験に臨んだとき、非効率な現場となかなか進まない試験プロセスに直面。

ITに可能性を感じていたデフリース氏は、ドットコム・バブルに湧いていた1999年、当時ファンドマネージャーとして活躍していたタレク・シェリフ氏とともにメディデータ・ソリューションズを創業しました。

サービスを公開後、業界トップのビッグクライアントを次々と獲得していき、創業10周年となる2009年にNASDAQへ上場。

過去6年間の業績も好調に推移しています。

売上高は前年比18%前後での増益を続けており、2017/12期は5億4553万ドルとなっています。

利益率は2014/12期に約6%まで落ち込みますが、直近では12%水準まで回復してきています。


世界トップ25の製薬会社の90%以上がクライアントとなっているメディデータ・ソリューションズ。

顧客を惹き付けるプラットフォームの中心にはどのようなプロダクトと戦略があるのでしょうか。

コア機能や今後の展望を探っていきたいと思います。


データの発生源を押さえ、アナリティクスへシフト

メディデータ・ソリューションズが提供する製品は「Medidata Clinical Cloud」というサービス群となっています。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
月額1980円のStockclipサポート会員になっていただく必要があります。


Stockclipサポート会員登録
または
ログイン
このエントリーをはてなブックマークに追加