フードデリバリーから民泊まであらゆるサービスを扱う中国ユニコーン「美団点評」が香港に上場

2018年07月01日 21:00

中国の代表的なユニコーン企業、「美団点評(Meituan Dianping)」が香港証券取引所へのIPOを申請しました。

美団点評は、2015年に「美団(Meituan Corporation)」と「点評(Dianping Holdings)」が合併してできた会社です。

先に創業したのは「点評」の方で、2003年に「大衆点評(大众点评, dianping.com)」としてサービスを開始しました。

一方の「美団(美团)」は2010年にサービスを開始。

2012年にはチケット販売、2013年にはホテル予約やフードデリバリー、2014年には旅行予約サービスなどサービス範囲を広げ、2015年に合併しました。

上場申請資料

2017年に利用したユーザー数は3億1000万人、年間の取扱高は3570億元(約6兆円)にまで達しています。

ベンチャー企業としての評価も非常に高く、世界的な投資ファンド「タイガーグローバル」を含む投資家から40億ドルを調達し、評価額は300億ドル(3兆円以上)に達しています。

この続きを見るには
(4671文字 画像25枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
5歳の時に中国から移住!DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(前編)

5歳の時に中国から移住!DoorDashの創業者「Tony Xu」の半生(前編)

2019年06月08日 12:00

日本でも出前館やUberEATSなどのフードデリバリーが盛んになる中、アメリカでも日に日にフードデリバリースタートアップの競争が激化しています。

今回は、そんなアメリカのフードデリバリースタートアップの中でも、飛ぶ鳥を落とす勢いでシェアを拡大している「DoorDash」をまとめていきたいと思います。