2018年02月13日 19:30

じげんからユーザベース、楽天など!本日気になった決算のうち4社をピックアップ

いよいよ国内決算も大詰めに入ってきました。明日まででひと段落という感じです。

今日も300社以上の決算発表があったのですが、その中で特に気になった4社をまとめてみます。

正直、他にも気になる企業はたくさんあったので、そちらはまた日を改めて整理したいと思います。


じげん:50%近く増収増益

まずは、人材や不動産など、多様なインターネット事業を展開する「じげん」です。


売上高、営業利益ともに50%近くの成長率と、おそろしいことになっています。

領域ごとの売上高を見てみます。

人材領域の四半期売上が18億円と、前年同期の12億円よりも48%増えています。

不動産領域も4.55億円(前年同期比33.8%増)、生活領域も1.93億円(同13.5%増)と増益。

2017/3期4Qに人材領域の売上がドンと増えているのは、2017年1月に買収した「三光アド」などが大きく寄与しているようです。

三光アドは東海地方に特化した求人情報サイト「求人情報ビズ」を運営。2016年7月までの1年間の売上は20億円とのこと。

また、じげんはアップルワールド・ホールディングスの100%株式を2月9日に取得しているとのこと。

アップルワールドHDは2017年度の営業収益7.3億円を見込んでおり、じげんの収益もその分押し上げられることになります。

OTA(オンライン旅行)分野にも本格的に参入していく、ということでしょうか。

じげんの財政状態をチェックしておきましょう。

この続きを読むには

ここから先をお読みいただくには、
Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

30日間無料キャンペーン実施中!


無料で続きを読む
または
ログイン
この記事に関するキーワード
2018年05月11日 20:02

売上が100億円を突破!主要3カテゴリで成長を続けるインターネット企業「じげん」2018年3月期決算

事業KPIとその状況
コストの状況
各事業の状況
財政状態
資本政策
今後の業績目標

今回は、急成長を続けるインターネット企業「じげん」の2018年3月期決算についてまとめたいと思います。

まずは、全体業績の推移を見てみましょう。

2018年05月15日 09:09

売上規模は前年の1.5倍!急成長を続けるインターネット企業「ユーザベース」の収益と事業KPIを分析

四半期売上の推移
四半期損益の推移
事業KPIの推移:SPEEDA事業
事業KPIの推移:NewsPicks事業
財政状態

今回は、「ユーザベース」の2018年Q1決算についてまとめてみたいと思います。

ユーザベースは、企業向けの情報収集ツール『Speeda』と、経済情報に特化したニュース共有サービス『NewsPicks』の二つを展開する企業。

2016年10月に新規上場して以来、前年比1.5倍前後という非常に高い成長率を見せています。

2018年08月12日 12:00

営業利益率30%を維持しながら事業領域を拡張!「じげん」2019年1Q決算まとめ

事業KPI:運営メディア全体のUUは1,333万人
コスト構造:売上原価率が改善中
各事業領域:旅行メディア買収で生活領域が第2の柱に
M&Aを含めた新規事業創出を今後も継続

今回は、さまざまなカテゴリーでインターネットメディア事業を展開する「じげん」の2019年度Q1決算をチェックしたいと思います。

6月に東証一部へ市場変更してから初の決算となりました。さっそく業績を見ていきましょう。

2018年08月14日 12:00

有料会員数が7万人を突破!『Quartz』買収で次のステージに向かう「ユーザベース」2018年2Q決算まとめ

「NewsPicks」2017年4Qに売上が急増:広告売上が要因か?
「Speeda」事業:海外契約ID数の増加が加速
Quartz社の買収について

経済メディア『NewsPicks』を手がけるユーザベースの決算が発表されました。

まずは全体像をざくっと確認します。