ヘルスケアECの拡大で売上6倍!中国平安保険グループ傘下のオンライン医療アプリ「平安グッドドクター」

保険会社で世界最大級の時価総額を持つ中国平安保険。

その傘下でオンライン医療アプリ「平安(ピンアン)グッドドクター」(中国名:平安好医生)を運営する平安健康医療が、今年5/4に時価総額74億ドルという大型の新規上場を香港で果たしました。

目論見書

企業サイトより)

本社は上海にあり、2014年に設立されています。

2015年にモバイル医療プラットフォームサービス「平安グッドドクター」を開始。

2017年の4月には登録ユーザー数が1億5000万人を突破。

2017年の12月にはソフトバンクビジョンファンドから4億ドルの投資を受けています。


平安グッドドクターのCEOは王涛(Wang Tao)氏で、インターネット界で豊富な経験を持っています。


王氏は、16歳で南京大学に入学し、20歳でコンピューターソフトウェアの学位を取得しています。その後は、テキサス大学のコンピューターサイエンス修士を取得しています。


卒業後はアメリカのマイクロソフトなどで経験を積んだのち、2000年に中国に戻りソフトウェア企業のマネジメントを行っています。


この続きを見るには
(3772文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード